ANTBOMは黒蟻の有効成分が1粒に1000匹分!簡単ペニスケアでコンプレックス解消!

ANTBOMは黒蟻の有効成分が1粒に1000匹分!簡単ペニスケアでコンプレックス解消!
数々のペニスサプリをご紹介してきていますが、また今新たに注目を集めているペニスサプリの情報が入ってきましたのでお届けしたいと思います。

今回ご紹介するペニスサプリは
ANTBOM(アントボム)。
ペニス増大効果は勿論、持続力、勃起力などペニスに関わる悩みをオールインワンで解決できる商品です。

蟻の中でも中国政府がその効果を唯一認可している擬黒多刺蟻(キコクタサン)という黒蟻を主成分とし、著名クリニック医師も推奨しているペニスサプリ。

今ペニスに何らかの悩みやコンプレックスを抱えている方の悩みを解消するべく、ANTBOM(アントボム)が本当に効果が期待できるサプリなのかを、増大メソッドなどを詳しく調査してお届けしていきます。

ANTBOM(アントボム)
ANTBOM(アントボム) 公式通販サイトへ

ANTBOM(アントボム)とは?

ANTBOM(アントボム)とは?

ANTBOMは粒状の飲むタイプのペニスサプリで、その商品名の「ANT」からもわかるように「蟻(アリ)」を主成分としたサプリです。

使用方法は簡単で1日2粒を水またはぬるま湯で継続的に飲み続けるだけ。

そして一番知りたいANTBOMを飲んで得られる効果は
・ペニス増大
・性欲増強
・勃起持続率の強化
・早漏、遅漏の改善
など、ペニス増大を主にペニスに関わる全ての悩みに改善効果を期待できるとされています。

また著名クリニック医師の佐伯友則氏の監修のもと、佐伯式計算式(破壊再生長増幅の法則)という増大メソッドが確立されていて、効果が期待できる理由が明確に定義されています。

気になる価格は1瓶に60粒(約30日分)で5,980円(税抜)で、数万円する高価なペニスサプリで失敗した方にとっては試しやすい価格です。

こんな感じで
↓ ↓ ↓ ↓
ペニスを求められたいですよね。

擬黒多刺蟻(キコクタサン)の実力

擬黒多刺蟻(キコクタサン)の実力
世界中には約1万5千種がいるとされる蟻のなかで、中国政府が唯一認可する蟻が擬黒多刺蟻(キコクタサン)です。
この擬黒多刺蟻(キコクタサン)はアミノ酸の集合体である昆虫ホルモンはじめ、亜鉛やセレンなどの天然ミネラルが豊富。
なかでも蟻の力の源とされるエクジソンは中高年以降の滋養強壮を助ける成分として注目されています。

そして驚くことに、この擬黒多刺蟻は、自分の体重の約400倍の物を持ち上げ、引く力はその1700倍もあります。
一般的な蟻は、自分の体重の40倍しか持ち上げられないことを考えるとその力は約10倍でこのパワーがペニスの悩みを改善する源となっています。

マイケル前田
管理人2号
マイケル前田
食用蟻があるっていうのは知っていたけど、漢方などの天然由来成分が豊富な中国政府も認可しているってところに安心を感じますね。それに一般的な蟻の10倍以上のパワーがあると聞くとその滋養強壮に効果があるというのも納得です。

ANTBOM(アントボム)でペニス増大効果が期待できる理由

ANTBOMには擬黒多刺蟻(キコクタサン)という滋養強壮に絶大な威力を発揮する黒蟻の成分が使用されていることをご説明しましたが、擬黒多刺蟻(キコクタサン)がいかに重要な成分でも効果が期待できる仕組みや理由がわからなければ購入に至る理由がありません。

ここでは成分に加えて効果が期待できる流れやメソッドを詳しくご説明していきます。

佐伯式計算式(破壊再生長増幅の法則)

佐伯式計算式(破壊再生長増幅の法則)
まず最初に重要なのは

キーワードは破壊と再生!

です。

ペニスサプリの効果を説明するのに計算式?と困惑するかもしれませんが、要は破壊再生長増幅という法則。

ANTBOM(アントボム)はクリニック医師の佐伯友則氏の監修で完成したサプリですが、佐伯はANTBOM(アントボム)の効果の流れ、すなわち破壊再生長増幅を以下のように説明しています。

1.血流集中

1.血流集中
擬黒多刺蟻(キコクタサン)に含まれるシトルリンや補助成分のアルギニンで血流が海綿体へ集中。

2.海綿体崩壊

2.海綿体崩壊
血流集中によって大量に流れてきた血流が陰茎海綿体の内部キャパを超えて限界の過剰勃起こす。
その後、キャパを超えて限界まで増幅した海綿体は容量過多を起こし破壊され一時的に縮みます。

3.陰茎再成長

3.陰茎再成長
破壊された海綿体が再生する過程で以前より大きくなって生成されます。
これを組織崩壊後の超回復による陰茎再成長と呼び、筋トレで筋肉が付いていく過程と同じです。
組織を一度破壊して再生を繰り返すことでペニスが増強していきます。
マイケル前田
管理人2号
マイケル前田
なるほど、ペニス増大は筋トレと同じように組織を破壊して再生することで増大に繋がっているんですね。
まさに破壊と再生がキーワード!

シトルリンの100倍濃縮も重要なポイント

シトルリンには血管拡張作用があり、血流をよくすることからペニスサプリには必須と言われている成分ですが、ANTBOM(アントボム)には業界最高峰のシトルリン量、1瓶に49,200mgが含まれています。

これは1粒あたり820mgに相当する量ですが、濃縮配合せずに820mgを1粒に配合するとなると飴玉1つぐらいの大きさになり、サプリとしてはとても飲みづらい大きさになってしまいます。
しかし、ANTBOM(アントボム)はシトルリンを100倍濃縮することで820mgのシトルリンと同じ成分効果を飲みやすいサプリサイズに凝縮することに成功しています。

マイケル前田
管理人3号
マイケル前田
1粒あたり820mgのシトルリン量と言われてもピンと来ないかもしれませんが、シトルリンの増量に特化した他ペニスサプリでも300mg前後です。
ANTBOM(アントボム)に含まれているシトルリン量は半端ない量なんですね。
ANTBOM(アントボム)
ANTBOM(アントボム) 公式通販サイトへ

ANTBOM(アントボム)のメリット・デメリット

ANTBOM(アントボム)の成分や効果が期待できる理由などを説明してきましたが、ネット上での口コミを見るといい評価、悪い評価と様々な意見があるようです。ここではそのような意見をまとめてANTBOM(アントボム)のメリット、デメリットをまとめてみましたので、今自分に適しているサプリなのかを判断する材料にしてください。

メリット

ペニスサプリの価格相場するとリーズナブル

ペニスサプリには希少成分を配合することで数万円する高価な商品も数多く見られます。しかし、中には全く効果を感じられなかった、という方もいますので、1瓶6000円程度のANTBOM(アントボム)は試しやすい商品です。

成分や効果が期待できる理由がはっきりしている

ペニスサプリの中には使用されている成分だけを詳しく説明してどのような作用があるのか、などの情報が不足している商品も少なくはありません。その点、ANTBOM(アントボム)は主要成分の黒蟻や破壊再生長増幅の法則を公式ページでもしっかり明記しているので、効果の過程が分かりやすくなっています。

増大だけではなく滋養強壮にも効果的

ANTBOM(アントボム)を使用したネット上の口コミを見ると、増大効果だけではなくペニスの硬さ、勃起持続力、射精の回数アップなど、滋養強壮にも大きな効果が期待できるので、加齢が原因での疲れや性欲減退が気になる方にもオススメできるサプリです。

デメリット

効果の現れ方に個人差がある

ANTBOM(アントボム)を使用した方の中には全く効果を感じなかった方や効果は見られても思うような結果を得られなかった方もいるようです。効果には個人差もあるようなので、相性が合わなかった方にはデメリットを感じてしまうようです。

返金保証などがない

他社似類商品の中には効果を感じなかった場合の返金保証制度がある商品もありますが、ANTBOM(アントボム)には返金保証はないようです。リーズナブルな値段や希少価値の高い成分を使用しているのが理由かもしれません。

効果を維持するには一定期間の継続利用が必須

ANTBOM(アントボム)で期待する効果を実感しても使用を止めてしまうと効果が半減、または使用前の状態に戻ってしまうこともあるようです。安定した効果を継続する場合には最低でも2ヶ月~3ヶ月の継続が必要とされているので、その分コストが掛かってしまいます。

ANTBOM(アントボム)の使用体験談

ANTBOM(アントボム)の使用体験談(谷口さん)40歳:谷口さん(独身)

調査隊の皆さん、はじめて投稿させてもらいます。

ANTBOMというペニスサプリを使用してみたのですが、私的には納得のいく内容だったので嬉しさもあり皆さんに知ってもらいたいですね。
まず購入した経緯ですが、一言におちんちんが小さいという理由でして、少々太り気味の私はお腹も出ているので上から覗き込んでも自分のおちんちんが見えないです。
鏡で見ても銭湯で見かける中学生ぐらいの大きさで、皮も被っていてずっとコンプレックスを感じてました。

これまでにも色々なサプリを試してみたのですが、おちんちんが元気にはなるが増大という面では納得いく成果は出ていなかったですね。
値段が高い高級なサプリを試したこともありますけど、勃起の回数が増えたぐらいでしたよ。

ネットでペニスサプリの情報を集めると、結局は身体との相性のいいサプリに出会うかどうか?ということみたいで、運が良ければすぐに見つかるようですが、私の場合はハズレばかりでしたね。

それでANTBOMに関しては「これだ!」という感覚はなく、数あるペニスサプリの中で試す順番が廻ってきたという感じでした。

そんな感じであまり期待もせず試していると、使用開始の数日後からは勃起が治まらなくなっておちんちんが熱を帯びてパンパンに膨れ上がったんです。
今までも勃起が治まらないことはありましたが、明らかに腫れ具合が違いましたし、違和感も感じましたね。

その後は腫れあがる違和感にもなれ結果、2ヶ月の継続利用でおちんちんが上から覗き込めるようになったんです。
勃起状態の時は余裕で自分の物を確認することもできましたよ。

元々のスタートが小さかったおちんちんですが、今は人並み?ぐらいにはなってきた感覚はあるので、効果には満足してますね。

ANTBOM(アントボム)の使用体験談(大山さん)35歳:大山さん(独身)

今話題のANTBOMを使ってみた感想を送ります。

点数を付けるなら70点というところでしょうか。
ペニスのサイズアップを期待してましたが、そちらの方はあまり効果は出ていなく、持続力の方に効果が現れたようです。

それというのも使い始めて1週間ぐらいするとスケベな事を考えていなくてもペニスが元気になっちゃって、仕事中も勃起しちゃって大変でしたよ(笑)
そんな風にペニスが元気になっちゃうと、オナニー処理しないとずっとそのままなんですよ。
休憩時間に会社のトイレで抜いちゃうこともありましたし、買い物に先のお店のトイレでも抜いちゃいましたよ。

私生活に支障が出る程じゃなかったんですが、嬉しい事に月1で通っている風俗ではあまりの元気さに90分で4回も抜いてもらって、それでもまだ気持ち良さは感じられたので、5回、6回とできたかもしれないです。
指名している人妻さんからも喜ばれちゃって、初めて裏オプションも体験しちゃいました(笑)

思っていた結果とは違う効果でしたけど、女性と美味しい思いが出来ちゃってるので、これはこれでアリということで70点を付けさせてもらいました。

ANTBOM(アントボム)
ANTBOM(アントボム) 公式通販サイトへ

効果が期待できるペニスサプリの見分け方

ネット上には様々なペニスサプリが存在しますが、

種類があり過ぎてどれを選べばいいのか?
本当に効果を期待できるのか?

といった購入前の不安や疑問が付き物です。

そんな時に一つの判断材料にして欲しいのは

使用されている成分にシトルリン、アルギニンが使われているか?

という点です。

効果が期待できるペニスサプリの見分け方

シトルリンは運動時の疲労回復に効果を発揮するアミノ酸の一種で、ペニスへの有効性では筋肉を緩め血管を広げる効果があるとされています。
まさにペニス増大、膨張をには欠かせない成分です。

一方、アルギニンは疲労回復作用のほか、血管を拡張させ体や脳の血流を改善する作用のほか、シトルリンと一緒に摂取するとペニスの筋肉を緩め血管を広げる一酸化窒素が倍増するといわれることから、シトルリンとセットで配合する商品が多く見られます。

これらのことから、シトルリンとアルギニンは相乗効果があり、片方だけでは身体へ効果的に摂取されないのです。

もし今、貴方が気になっているペニスサプリがシトルリンとアルギニンのどちらか一方が使用されていない場合は、選ぶリストから外した方が賢明でしょう。

マイケル前田
管理人2号
マイケル前田
なるほど!
シトルリンとアルギニンの両方が使用されているペニスサプリを選ぶのは基本中の基本ってことですね!

成分重視で決めたい方にはANTBOM(アントボム)の蟻パワーはオススメ!

ここまでペニスサプリ、ANTBOMの詳細をお届けしてきたわけですが、成分や効果が期待できる流れが明確に掲示されているという理由から「試す価値のある商品」として評価したいと思います。

この記事をご覧になっている方はペニスに対して何かしらの不安やコンプレックスを抱えている方が多いと思われます。
そして、それを解消できるペニスサプリを探してはいるが、一体どれを選べばいいのか?という不安も抱えていることでしょう。

何の根拠もない自分の感覚だけで購入したサプリが「アタリ!」の場合は博打に勝っただけです。
数あるペニスサプリの中から自分に適した効果を期待できる商品を見つけるには博打ではなく、しっかりとした下調べと根拠を持って投資するべきです。

投資で勝つのと博打で勝のは同じ勝ちでも全く意味が異なります。

成分を見分け、効果が出る理由をしっかり理解することで「失敗しない」確率を上げることが可能です。

今回の記事が貴方のペニスサプリへ対する投資で勝つ確率をアップさせるきっかけになることを願いつつ、検証を終了とします。

ANTBOM(アントボム)
ANTBOM(アントボム) 公式通販サイトへ
タイトルとURLをコピーしました